転職ノウハウ | 20年10月29日

TPOに合わせたコーディネート提案とは?ビジネス・結婚式ニーズの接客

お客様は、さまざまなニーズを持ちご来店されます。ブランドにもよりますが、ビジネス・結婚式などのシーンでTPOに合わせた服装を探すお客様もご来店されます。しかし、販売員自体がビジネス・結婚式などの経験がないと、ご提案が難しいと感じる場面もあるのではないでしょうか。今回は、経験がなくても出来る、TPOに合わせた代表的な4つのシーンのコーディネート提案方法をご紹介します。

【目次】
■TPOとは
■scene 1. ビジネス
■scene 2. 高級レストラン
【1】フォーマル(正装)
【2】セミフォーマル(準礼装)
【3】インフォーマル(略礼装)
■scene 3. 結婚式
◇ホテル・高級レストラン
◇レストラン
■scene 4. 二次会
◇ホテル・高級レストラン
◇カジュアルレストラン・居酒屋
■scene 5. お子さんのセレモニー
■TPOとは?
TPOは下記の頭文字をとった略語です。
T=TIME(時間)
P=PLACE(場所)
O=OCCASION(場合)

TPOとは、時間・場所・その状況に合わせるという意味合いです。このTPOはファッションシーンでよく使われ、ビジネスや冠婚葬祭などでTPOに合わせた服装などと表現されます。
お客様の各シーンでのコーディネート提案を行う際、基本的なTPOを理解した上でご提案する必要があります。代表的な下記4つのシーンでのTPOの服装を理解して、お客様に説得力のあるご提案しましょう。

■scene 1. ビジネス

ビジネスでの服装は会社によって異なり、明確な基準がない会社がほとんど。その為、社風や社員の雰囲気で服装を選ぶ必要があります。ビジネスシーンでの洋服を探しているお客様には、社風や他の社員の雰囲気をヒアリングしながらご提案します。特に新入社員の場合、ビジネスシーンでの服装に悩んでいる方が多いので、丁寧にヒアリングして、ビジネスシーンでのTPOに合わせたコーディネートを提案しましょう。

オフィスカジュアル
多くの会社がオフィスカジュアルを推奨しています。基本的に、お客様と会った際に相応しく、かっちりしすぎない服装をオフィスカジュアルと言います。例えば、「ジャケット+シャツ+パンツ」などが一般的。この場合、多くがスーツのセットアップでなくても良いとされています。お客様と会わない事務職などであれば、ジャケットは不要の場合が多いです。色味は、ベーシックカラーでまとめることが基本。色味を加える場合は、派手すぎない色が良いとされます。また、過度な露出はオフィスカジュアルではNGなので、ご提案しないよう注意しましょう。
■scene 2. 高級レストラン

五つ星ホテルや高級レストランによっては、ドレスコードが存在します。中には、カジュアルな服装では入店を断られるケースも。その為、お客様にはドレスコードがあるかを確認してからご提案すると良いでしょう。高級ホテルやレストランでは、大きく3種類のドレスコードがあります。

【1】フォーマル(正装)
超高級ホテル内のレストランや世界的に有名なレストランで指定されることが多い服装。男性はタキシードやスーツに白のワイシャツが基本スタイル。女性はロング丈もしくはミモレ丈のドレスが適します。

【2】セミフォーマル(準礼装)
高級レストランやクルーズ・オペラ鑑賞などで指定されることが多い服装。男性はスーツ、女性はロング〜ミディ丈のドレスもしくは上品なワンピースが適しています。

【3】インフォーマル(略礼装)
フォーマルなレストランで多い服装。男性はジャケット着用、女性はカジュアル過ぎないワンピースやスーツが望ましいです。

※どのドレスコードでもNGな服装※
・露出の高いドレス
・極端に短いスカート、ショートパンツ
・Tシャツ・デニム・スニーカー・サンダル
■scene 3. 結婚式

結婚式は開催場所により適した服装は異なります。その為、お客様に開催場所を確認するとスムーズにご提案ができます。友人や会社関係での出席の場合、華やかな色のドレスが新郎新婦から喜ばれる傾向があります。色で悩まれているお客様には、「華やかな色でお祝いの席を盛り上げてはいかがですか?」とアドバイスするのもおすすめ。

◇ホテル・高級レストラン
ホテル・高級レストランなどの場合は、フォーマル・セミフォーマルの服装が適しています。女性はロング〜ミディ丈のドレスが基本。男性は、スーツに白のワイシャツが良いでしょう。

◇レストラン
最近では、レストランウエディングなどカジュアルな場所で開催される結婚式が増えています。セミフォーマル・インフォーマルの装いが適します。女性はカジュアル過ぎないロング〜ミディ丈のドレス、もしくは上品なワンピースが良いでしょう。男性はスーツもしくはジャケット着用のスタイルが望ましいです。

■scene 4. 二次会

二次会の場合、出席者に対してカジュアルな服装と案内がある場合もあります。その場合も、ある程度TPOをわきまえた服装をご提案しましょう。

◇ホテル・高級レストラン
結婚式の披露宴を行ったホテルや高級レストランでそのまま二次会が開催される場合、セミフォーマル・インフォーマルの装いが適します。女性は、ミディ丈のドレスにストールを羽織るスタイルなども好印象。この場合も、華やかな色味を意識したコーディネートを提案すると良いでしょう。男性はスーツもしくはジャケット着用のスタイルが基本。

◇カジュアルレストラン・BAR
カジュアルなレストランやBARで開催される場合、カジュアル過ぎる装いでなければOK。女性の場合、上品なワンピースにカーディガン、光沢感のあるブラウスとスカートなど、オフィスカジュアルに華やかさをプラスするイメージでコーディネートをご提案すると良いです。また、夜のパーティーでは、過度の露出でなければ結婚式ほど服装を気にしなくてもOKです。男性の場合は、チノパンにジャケットを羽織るなどスーツをカジュアルダウンした装いで、ネクタイをしなくても問題ありません。

※結婚式・二次会でのNG服装※
・全身白は絶対NG。(基本的に白は花嫁さんの色です。トップスかボトムどちらかが白のアイテムなら問題ありません。)
・アニマル柄や革製品。(殺生のイメージをさせるためNG。)
・全身黒や黒のストッキング。(不祝儀を連想されるため、お祝いの場ではNG。)
・カジュアルなTシャツやデニム。
■scene 5. お子さんのセレモニー

お子さんを持つ方は、入園・入学、卒園・卒業、学校行事などのイベントが多くあります。男性は基本的にスーツですが、女性は明確な規定がないので服装に悩む方が多いです。そのような方には、着飾りすぎないベーシックなコーディネートをご提案すると良いでしょう。色味は、基本的にはお子さんが主役なので、悪目立ちし過ぎない色味が良いでしょう。イメージは、オフィスカジュアルとインフォーマルの中間。かっちりし過ぎず、華やかさもあるコーディネートをご提案しましょう。

※セレモニーでのNG服装※
・Tシャツ・デニム・スニーカー・サンダル
・派手すぎる色


いかがでしたでしょうか。
今回は、代表的なシーンでのTPOに合わせたコーディネート提案方法をご紹介しました。経験がないシーンでも、お客様にスムーズにご提案が出来るよう、今回の記事を参考にしてくださいね。


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする