転職ノウハウ | 19年10月15日

広報・プレスの具体的な仕事内容とは?必要な資格はある?

ファッション雑誌を読んでいて「広報・プレス」という立場の人が掲載されているのを見かけたことはありませんか?さまざまな職種のあるアパレル業界の中でも、今回はブランドの顔として活動する広報・プレスの仕事をピックアップしてご紹介します。具体的な仕事内容や、必要な資格などチェックしてみましょう。
 
広報・プレスとはどんな仕事?
主な仕事内容は、ブランドのアイテムをより多くの人に知ってもらい、親しんでもらうための広報活動を行うことです。例えばファッション雑誌の誌面に登場する広報担当の人は、”この雑誌なら、自社ブランドのアイテムに反応してくれる読者が多いだろう”と明確なビジョンを掲げた上で、読者の興味を惹くよう伝えたり、誌面作りに携わったりして、効果的にPRしています。そのためブランドの性質やアイテムの特徴をよく理解し、分かりやすく伝える力が求めてられます。
また具体的には、次のような業務を行います。

・PR活動のための雑誌やメディアへの露出(各種メディアにて新作アイテムを紹介し、売り上げに貢献する)
・雑誌の原稿チェック・修正・編集指示など
・SNSやインターネット上におけるマーケティング、新着情報の更新
・ブランドコンセプト、商品コンセプトを伝えるための記事作成
・展示会の企画立案・実施
・スタイリストへのアイテムの貸し出しや打ち合わせ
・サンプル管理
・予算管理・事務作業など

もちろん、仕事内容はこの限りではありません。このような一般的な内容に限らず、新たな企画を考えることも重要な仕事の一つと言えるでしょう。さまざまな業務を経験することによって、単なる広報活動だけでなく総合的な戦略も行うディレクターへのステップアップも望めます。


必要な資格やスキルはある?
広報・プレスの仕事に就くために、なくてはならない資格というものはありません。ただし、効果的に広報活動を行うためにはブランドについて、そしてアイテムについて深く理解していることが大切です。そのため、憧れのブランドがあるならば採用を掴み活躍できるよう、ブランドの歴史やアパレルの基礎知識をよく勉強しておくべきでしょう。
さらに、マーケティングの基礎知識や、多くの人の心を掴むための営業的知識・スキル、会話術やコミュニケーション能力も役に立ちます。
外資系ブランドや、海外への積極的な展開を考えているブランドの場合には、語学スキルも求められます。英検やTOEICなどのスコアを保有している人は、面接時にアピールしてみてもいいでしょう。近年、国内ブランドでも生産拠点を海外に展開していたり、外国からのお客様の対応を求められたりするケースは多いため、語学スキルは大きな武器となるはずです。

また、同じブランドで働く社員の中でも、広報・プレスは他の職種に比べ表舞台に立つ機会が多いため自分磨きも必要になるでしょう。新作アイテムが発表されたときには、魅力を伝えるだけでなく自身でも身につけ着こなす力が求められます。「素敵な人だ」という第一印象が「素敵なブランドだ」というイメージにつながり、自社への貢献にもなるでしょう。
 
広報・プレスになるにはどうすればいい?
多くの場合、はじめから「広報・プレス担当」として採用されるのではなく、企業の中でさまざまな経験をしていくうち、キャリアチェンジを経験することが多い傾向にあります。はじめはショップの店頭に立ち、接客をするスタッフとして活躍し、その後さまざまな経験を経て広報・プレスとなる人も少なくありません。求人で「プレス募集」とある場合も、まずはプレスアシスタントとして現在活躍しているプレスのサポートにあたり、少しずつ経験を積んでいく必要があります。


プレスになるための代表的な3つのルート

・販売員や営業、商品企画から昇格
まずは会社の中に入り、そこから昇格をしていくルートです。入ったあとはプレスの人との繋がりを持つことや、上司などにプレスに行きたいことを伝えておくことが重要です。

・別業界のPR職から転職
PRは専門性のとても高い仕事なので、経験者は高く評価されます。他業種の場合であったとしてもPRに関しては活かせることも多くあるので、まずはどんな業界でもPR職に就く、というのも一つの手です。

・ファッション雑誌から転職
別業界のPR職からの転職と同じように多いのが、ファッション雑誌の編集者やライターからのプレスへの転職です。このルートはアパレル業界に精通しているということ、業界の中で人脈を築いていることがPRとしてとても大きな魅力となります。
プレスに向いている人

・統率力がある
プレスはテレビや雑誌といったマスコミへの対応や、展示会やファッションショーの運営など、多くの人と接することが多いため、人をまとめるのが上手な人ほど向いているでしょう。また、ブランドの顔として表にたつ職種のため、マナーや身だしなみにも注意が必要です。

・プレゼン能力がある
ブランドのイメージやコンセプトに沿った露出ができるかが大切になってきます。間違ったイメージで紹介されてしまって逆効果になってしまうため、簡潔に的確な説明ができるプレゼン能力が問われます。

・発想力&行動力がある
お金をかければ誰でもある程度のPRを行うことはできます。プレスはいかにコストを低くおさえ、露出することができるかが重要になってきます。新作発表時にマスコミやメディアに送るプレスリリースひとつにしても目に止まる工夫をしたり、注目されるようなアイディアを出せるかなど発想力が必要になってきます。
また、人脈作りもとても大切です。足を運び、影響力のある人と繋がり、自社をアピールする機会を作れるかがとても重要になってきます。


広報・プレスの求人を見つけるためには、求人情報サービスを利用して探しましょう。なかなか見つからないときには、自分の働きたいブランドの求人を探すのも有効です。ショップスタッフとしての募集でも面接時に「ゆくゆくは広報など、内部の立場からブランドの展開に携わりたい」と伝えることで、好印象に導けるでしょう。


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする