転職ノウハウ | 20年10月29日

接客スキルアップ!フィッティング接客のコツをご紹介

接客スキルをあげたい!と考えている方は、フィッティング接客を磨いてみてはいかがでしょうか。ご試着をされるお客様は、その商品に興味がある方が多いです。その為、購買意欲も高まっているので接客がしやすいです。試着をして確認したい点はどこなのかをしっかりアドバイスすることで、お客様が安心して商品を購入することが出来ます。
では、フィッティング接客をする際にはどういった点に注意すればよいでしょうか。ご紹介していきます♡


まず、「試着したい」と声をかけてくださるお客様は、気になる点が解決すれば購入してくださることが多いです。その一方で、商品をずっと見ているお客様にはこちらから声をかけて試着を促すと良いでしょう。ご試着していただくことで、サイズ感や色味などを納得していただいた上で購入していただけるので、お客様の買い物の失敗を減らす事が出来ます。また、販売員側からしてもお客様に着ていただいた上でアドバイスをする事ができますし、コーディネートの提案をしやすくなります。

フィッティングする時のお客様は、

・サイズ感
・色
・組み合わせ方
・シルエット
・丈感

などを気にしてご試着されることが多いです。その為、お客様がどんな点が気になっているのか聞き出す必要があります。
フィッティング接客のコツ
□お声掛けのタイミング
試着を促す際もそうですが、手に取る商品全てにおいて「試着も出来ますよ」と言われたらゆっくり見れないですよね。試着をする前は商品の説明をメインに行い、興味を示し出したタイミングで試着を促してみましょう。また、鏡や自分の体に商品を当てているタイミングや、周りをキョロキョロしていたら試着をしてみたいタイミングかもしれません。その時に「ご試着してみますか?」と一声かけてみましょう。さらに、他にも気になっている商品はないかを確認すると良いでしょう。
フィッティング案内後は、お着替えが終わる頃合いを見てお声をかけてみてください。「いかがでしょうか‥?」と声をかけてくれる販売員もいますが、これではお客様は反応がしずらいです。「サイズ感はいかがですか?」「お色味はいががですか?」など、具体的な内容かつ、お客様が返答しやすい言葉を意識してみましょう。

□お客様の不安をなくす
「試着をしたら買わなきゃいけない」「押し売りされるかも‥」という不安を抱えているお客様は多いと思います。それが原因で、試着が出来ないとしたら大変勿体ないですよね。気になるものを安心してご試着いただくためにも、声掛けやフィッティングでの接客はプレッシャーを与えない程度に声のトーンや接客内容を意識してみてください。

□ちょっとした気遣いと提案
ワンピースを着ているお客様がトップスをご試着される際は、トップスに合わせてボトムスもお貸ししましょう。また、お客様がお持ちの服を聞き出し、商品の着回し提案も出来ると良いです。自分が持っていない新作商品をどんどん見せられても押し売りされている気分になります。お客様のワードロープの中にあるアイテムと似ているものが店頭にある場合は併せて見せると、商品の着回しイメージもしやすく購入に繋がりやすいです。

□点数見せを意識して!
せっかく商品を試着していただいているので、その服に合わせたコーディネート提案をしてみましょう。さらにお客様がコーディネートのイメージがしやすいように、シューズや小物も合わせて見せると良いでしょう。この時に、その他の商品も売りたい!と思うのではなく、お客様が気になっている商品の良さを引き立てるつもりでさりげなく見せるようにしましょう。ここでのポイントは、お客様が好きそうなスタイリングと、普段着ないけれど似合いそうな新鮮さのあるスタイリングの少なくとも2パターンは見せれるといいです。ご提案が気に入っていただければ、セットで購入してもらえるかもしれません。また、コーディネート提案の練習にもなります。

□客観的な意見を伝えて
試着をした商品が思った通り素敵なアイテムだったときは、誰かに見せたくなりますよね。お客様が笑顔で試着室から出てきた時は、第一にお褒めの言葉をかけましょう。この時に商品を褒めるのではなく、お客様自身を褒めるように意識してください。逆に、不安そうにしているお客様には「代替え案」を用意するようにしましょう。お客様がフィッティングにいる際にお客様に似合いそうなもの、ニーズに合うものを探しておきます。例えば、同じシャツでもシルエットや丈感、色の違うものが店内にあればご提案してみましょう。
迷っているお客様には、あえて比較させるアイテムを提案することで、どちらか一方を選ぶ心理が生まれます。その為、お客様自身が決断しやすい接客をする事が出来ます。
フィッティングルームは常にきれいに★
フィッティングルームがキレイなお店は試着をしていて気持ちがいいですよね。使用済みのフェイスカバーや試着した際に落ちる糸くずなど、意外にすぐ汚れてしまいます。こまめに、カーペットクリーナーをしたり、ゴミは捨てるようにしましょう。さらに、フィッティングルームに設置されているミラーはいつもピカピカにしておきましょう!お客様が安心して試着できるよう、常にフィッティングルームは清潔でキレイにするように心がける事が大切です。

最後に
フィッティングルームにご案内して終わるのでなく、そこからが接客のスタートともいえるでしょう。お店の服をお客様に着てもらった上でするアドバイスは、試着せず言葉だけで伝えるアドバイスよりもさらに的確でお客様の心に響きます。大切なのはニーズに合わせた商品のご提案をすることです。たくさんのお客様がいる中で、フィッティング接客はお客様1人1人とじっくり向き合えるチャンスです!ぜひ、今後の自分の接客に活かしてみてくださいね。


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする