転職ノウハウ | 2月1日

お会計とお見送り時の接客を身に着けてワンランク上のスタッフになろう!

アパレルやコスメ業界の接客と聞くと、商品説明をする接客をメインに考えがちですが、お会計とお見送りも重要な接客のポイントです。特に混みあっている時は、スピーディーに対応しようと焦ってお会計をしがち。このようなことは金銭の授受ミスや接客の質を落としかねません。
今回は、お会計とお見送り時に印象を上げるコツをお届けします。ぜひ、参考にしてワンランク上のスタッフを目指してみてくださいね!

▼ ここに気を付けて!

スピーディーに対応することに意識が向いてしまうと、基本的な笑顔を忘れてしまいがち。そのためにお客様を不快な気持ちにさせてしまったり、クレームが届いてしまうこともあります。
忙しい時ほど、スピーディーに感じ良く対応することが大切。気持ちの良い雰囲気で終わればお客様が抱く印象は良くなるはずですよ!

気持ちの良い雰囲気で終わるために重要なポイントは「アイコンクト」です。次にその重要性についてご紹介します。
▼ アイコンタクトの重要性とお会計のコツ

忙しい時にほど、お客様との間での「アイコンタクト」が大切です。
コミュニケーションは言葉と言葉で取るものと考えがちですが、人が話をするときに相手に与える影響の「言語情報」は7%に過ぎないと言われています。残りの93%は、視覚情報や聴覚情報。

「目は口ほどにものを言う」という言葉を聞いたことはありませんか。
アイコンタクト(視線)は言葉よりも大切だ、ということを示唆する表現が存在するほど、目の印象が与える影響力は大きいです。

さらに、アイコンタクトには「相手と円滑なコミュニーションを取ることが出来る」「相手に対して好印象を与えることが出来る」というようなメリットもあります◎
しかし、ずっと見られていてはお客様も緊張してしまいます。アイコンクトを使うタイミングは下記の場面を意識するようにしましょう!

1、商品をお預かりする時
2、金額をお伝えする時
3、おつりをお返しする時
4、「ありがとうございました。またお待ちしております」と伝える時


接客時と同様、金銭の授受をする際の確認時や商品をお渡しする際にお客様の目を見てやり取りすることが重要です。現在はマスクをしているので、声も通りにくいです。いつも以上にアイコンタクトを上手に活用しておきたいですね!
▼ お見送りのコツ

店内の外まで出てお見送りをすることが多いかと思いますが、その感動や特別感は今はどこでも受けられるサービスとなってきています。では、どこで他の販売員とお見送りに差をつければいいのでしょうか。

それは、「最後の印象付け」が重要です。接客中にお客様との会話の中で話した内容を帰り際に改めてお伝えすることで、接客中にした会話を「覚えてくれている」「気にかけてくれている」と、販売員に対する印象がぐんっとアップします。それほど最後の印象は、人の心に強く残るものなのです。
感謝をお伝えして終わりではなく、お見送りをするまで会話を楽しんでみてください。


▼ 最後に
この時期は、マスクをしているので表情が読み取りにくいです。感染対策として、会話を極力減らした接客をしているお店もあるかもしれません。そういったことからもお会計やお見送りでしっかりと丁寧なおもてなしをすることが大切です。

いかがでしたか。
アイコンタクトをするタイミングやお見送りのコツは今すぐ実践できるものばかり。
せっかくの素敵な時間を、最後のお会計やお見送りひとつでムダにしてしまわないように、最後まで気を抜かずにお客様に対応しましょう。自分の誠意がお客様にしっかりと伝わるような接客を心がけたいですね。
関連記事:知らないと恥ずかしい…接客7大用語、正しい接客用語と敬語


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする