転職ノウハウ | 1月14日

大学生がアパレル店員のアルバイトをするメリット・デメリット

大学生のアルバイトとして、人気が高いアパレル店員のアルバイト。おしゃれを楽しみながら自分らしく働ける環境がとても魅力的ですよね。ただ、「仕事内容がきつくないかな?」「学業と両立できるのかな?」という不安が浮かび、なかなか踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。今回は、仕事内容や学業との両立が可能か、そしてアパレル店員としてアルバイトをするメリット・デメリットをご紹介します。

【目次】
■学業とアパレル店員のバイトは両立できる?
■アパレルバイトの仕事内容
■アパレルバイトのメリット
■アパレルバイトのデメリット
■最後に
■学業とアパレル店員のバイト両立はできる?

学生OKの求人であれば、学業をメインにシフトを組んでくれるので両立は可能です。アパレル店舗は、夕方からの時間帯や土日祝日が忙しくなる店舗が多いため、その時間帯に勤務できる学生は重宝されます。サークルや部活がある場合は、面接時で勤務できる日数や時間を詳細に伝えておけば、勤務スタートした際もシフト希望を優先してもらえるでしょう。

■アパレルバイトの仕事内容

・接客販売
アパレル店員の仕事は接客がメイン。お客様からの商品の問い合わせ対応や、お客様へのお声掛けやコーディネート提案を行います。未経験からスタートする場合は、コーディネート提案がきついと感じるかもしれません。ただ、徐々にコツをつかんでくるとお客様との会話を楽しみにながら、コーディネート提案ができるようなります。お客様が自分の提案した商品を購入してくれた時、とても嬉しくやりがいを感じるでしょう。

・ディスプレイ
商品棚の配置やボディに売りたい商品を着せることをディスプレイといいます。お客様はボディが魅力的であるほど入店されます。ディスプレイは、店舗の売り上げを左右する大事な業務。アルバイトスタッフは最初は任せてもらえることは少ないですが、意見を聞かれることもあるので日頃からイメージしておくと良いでしょう。ディスプレイは、マーケティングのスキルにもつながるので、職種によっては就職活動でもアピールできるスキル。勉強してみると世界が広がるかもしれません。

・ストック整理(在庫管理)
アパレル店舗のストックは、整理整頓をしっかりすることで在庫管理を円滑にしてお客様への問い合わせ対応もスムーズに行うことができます。アルバイトスタッフは、最初に決められた場所に在庫を保管する業務を任せてもらうことが多いでしょう。慣れてくると、ストック整理全体を任せてもらえることもあります。整理整頓が好きな人は、楽しみながらできる業務です。

・検品
新作商品などは、随時店舗に届きます。量が少ない場合もあれば、段ボール数十個という時もあるでしょう。ここで重要なのは、スピーディーにかつ正確に検品作業を行うことです。アルバイトスタッフに任される業務として多いのがこの仕事。もちろん最初は、先輩スタッフと行う場合がほとんどなので、徐々に慣れてきたら一人でもできるようになるでしょう。

※販売スタッフの仕事を詳しく見たい方は、
「未経験の方必読!研修をする前に覚えておきたい接客の基本マナーとは」
をチェック!
■アパレルバイトのメリット

【Point 1】おしゃれを楽しめる
洋服に囲まれて、自身もおしゃれを楽しみながら仕事ができるのは最大のメリット。ネイルや髪形なども基本的に自由度が高いのは、飲食店や他のサービス業にはない特権ですよね。
また、最新トレンドの洋服を試着できたり、社販購入や貸与があるブランドもあるので、トレンドをいち早く取り入れたい学生にぴったりな仕事です。働きながら、センスもどんどん磨かれておしゃれを存分に楽しめるでしょう。
ヘアメイクなども先輩スタッフから教えてもらえるブランドもあるので、自分磨きにもなります。

【Point 2】コミュニケーションスキルが身に付く
お客様への接客やコーディネート提案が主な仕事なので、コミュニケーションスキルが身に付きます。特にコーディネート提案では、お客様のニーズを聞き出し提案をするので、スキルアップが早いでしょう。コミュニケーションスキルは、社会人として働く際に最も重要なスキルでもあります。就職活動でもアピールできるので、アパレルバイトはおすすめです。

【Point 3】同じ趣味の仲間と出会える
一緒に働くスタッフは洋服やおしゃれが好きで、そのブランドのテイストも好きなスタッフが集まっています。そのため、共通の話題で盛り上がったりと仲良くなる可能性が高いです。
また、最近では個人ノルマがないブランドも増えており、「一緒に売り上げ目標達成するために頑張ろう」という雰囲気です。店舗の仲間と目標達成する楽しさを味わえるのもアパレルバイトのメリットです。
■アパレルバイトのデメリット

【Point 1】洋服や服飾雑貨の出費が増える可能性がある
大好きな洋服に囲まれていると、「社割で買えるから」とつい買いすぎてしまうことも。社割でお得に洋服を購入できるのはメリットですが、注意する必要があるでしょう。最初に月々の洋服代を決めておくと、買い過ぎ防止になります。
洋服貸与や私服勤務OKのブランドもあるので、洋服代をかけずにバイトすることも可能。求人を探す際に、服装の部分をチェックするのもおすすめ。

【Point 2】店頭に出た時に気が抜けない
お客様からすれば、あなたも「プロのアパレル店員」です。そのため、暗い顔やだらしない立ち振る舞いはできません。常にお客様に見られているという意識を持って、笑顔で話しやすい雰囲気を演出する必要があります。気が抜けないことをデメリットと感じる人もいますが、逆に「プロのアパレル店員」として、店頭でいきいきと立ち振る舞うことが楽しいと感じる人もいます。店舗見学などで実際に働いているアパレル店員を観察して楽しそうと感じれば、あなたに合う仕事かもしれません。

【Point 3】裏方の仕事がある
アパレル店員は華やかなイメージがありますが、ストック整理や納品物の検品、売り上げ管理など作業的な業務も多くあります。働き始めてからイメージと違ったと思う前に、仕事内容を求人などでしっかりチェックしておくと良いでしょう。
■最後に
在学中のアルバイトは、就職活動のアピールになります。アパレルブランドへの就職を希望している場合は、アルバイトの経験を積んでおくと内定率がアップするでしょう。その他の職種でもアピールできるスキルがいくつかあります。おしゃれを楽しみながら、就職活動にも役立つスキルが身に付くアパレル店員のアルバイト。興味がある方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。




● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする