転職ノウハウ | 20年12月3日

転職したい‥けどなかなか転職に踏み込めない時の原因とお悩み解消方法

転職したい!と考えていても転職になかなか踏み込めない方は多いのではないでしょうか。新しいことに興味を持ったり、今の職場や環境に不満があったりと原因は様々あります。そういった思いを抱えたまま転職をしないでいると、何か失うものが出てくるかもしれません。さらに、年齢を重ねていけば求められるスキルや経験も増えていきます。そのため、転職活動をズルズルと先延ばしにせずに勇気を持って行動することも大切です。行動を起こすためには「転職」を前向きな気持ちで捉えることが大切です。
転職活動に踏み込めない原因を知ろう!
転職活動になかなか踏み込めないときは何らかの要因があるはずです。まずは、先にマイナスに感じるポイントを知ることが重要でしょう。多くの人が抱える不安の原因として主に下記のようなことが考えられます。

・次の転職先が見つからなかった場合の不安
・現在の仕事を辞める不安
・今の悩みが次の職場で改善されるか不安
・お金の不安
・自分に自信が持てない

転職活動をする上でよほどの不満を抱えていないかぎり、現職を辞めることに対して不安を持つのは当たり前です。
こういった不安は「転職」においてネガティブなイメージや考えを持っているからです。この他にも、やりたいことが決まっていないというケースもあります。自分が転職に踏み込めない原因をしっかりと理解することで不安が少しづつ解消され、実際に行動してみよう!と前向きな気持ちを持つことが出来ます。

転職を考えた原因を見直そう
では、「今の仕事を辞めたい理由」はなんでしょうか。現職を辞めたいと思う理由は、次の転職先を選ぶポイントにもなります。例えば、給与が低いと考えているのであれば、今よりも給与が高い企業を選ぶ必要がありますし、人間関係が辛いと感じているのであれば、社員同士がフラットな関係を築いていけるような取り組みをしている企業を探しますよね。

また、転職をしない方が良い場合もあります。例えば、人間関係においても上司に相談をして他の店舗に異動することが可能な場合も。このように辞めたい原因を解決することが出来るのであれば、急いで行動を起こす必要はないでしょう。自分に合った転職の時期やタイミングの見極めも大切です。
ポジティブな考えが行動を起こす!
1、転職するメリットを考える
転職することで得られるメリットを考えてみましょう。行きたい企業ややりたいことが決まっていれば、事前に色々と調べていいところを探しておきます。また、転職したらやりたいことや目標をかき出してみると、ポジティブな気持ちになれるはずですよ!

2、将来の自分を想像する
5年後や10年後、現職で働き続けている場合と転職した後の自分を想像してみてください。仕事だけではなく、プライベートなことでもOK!「年収○○万円くらいは稼ぎたい」「○歳までには結婚して子供は2人欲しい」など、将来をイメージしたときに現職でも叶うのか、転職しないと叶わないのかを考えてみるのも一つの方法です。

3、転職活動の具体的なスケジュールを考える
転職活動には平均で3ヶ月程度かかると言われています。ゴールとなる期日を設定しておき、そこから逆算してスケジュールを立ててみてください。今すべきことが明確になり行動に移しやすくなります。

4、自己分析をしてみる
自分の長所やスキルを改めて見直してみるのも良いです。自分の長所を見つけるときは謙遜せずに自分のいいところ、得意なことを思い浮かべてみましょう。それでもなかなか見つけられないときは、短所から長所を探してみるのもオススメです。自分のいい所だけでなく、苦手な部分や苦戦した経験なども振り返ると、自分自身を客観的に見つめることができます。
最後に
転職することに不安を抱かない方は少ないと思います。しかし、嫌な思いをしながら仕事を続けていても自分のためにはなりません。
誰もが転職をしていい方向に進めば良いですが、必ずしもそうなるとは限りません。
未来のことは分からないので、今の現状や自分の気持ちと向かい合いザックリ抱いた気持ちを細かく分析することで、進むべき道が明確に見えてくるかもしれません。


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする