転職ノウハウ | 20年10月30日

面接での緊張しすぎ対策!過度な緊張を和らげる方法はある?

面接で頭が真っ白になったり、上手く話すことが出来なかった経験がある人は多いのではないでしょうか。面接で全く緊張せずにリラックスできる人は少ないでしょう。しかし、対策をすることで緊張を和らげ、伝えたいことを伝えられるようになります。今回は、面接しすぎる面接に備える方法をご紹介します。面接を控えている方はぜひ参考にしてくださいね。

【目次】
■緊張状態とは
■緊張しやすい人の特徴
◇周りの評価を気にする人
◇真面目な人
◇自分に自信が持てない人
■緊張しすぎに備える方法
【Point 1】周囲を客観的に見る
【Point 2】失敗してもいいと思う
【Point 3】伝えたいことは要点を覚える
■最後に
■緊張状態とは
緊張状態とは、「手が震える」「声が震える」「頭が真っ白になる」「汗が出る」「顔が赤くなる」など、体に反応が起こる状態のことを言います。

■緊張しやすい人の特徴

◇周りの評価を気にする人
周りの評価を気にする人は、「相手にどう思われるだろう」「失敗して評価が落ちたらどうしよう」と考え過ぎて、緊張してしまいます。

◇真面目な人
真面目な人ほど、完璧に上手にやらなければという意識が強く、自分へプレッシャーをかけて緊張をしてしまいます。また、完璧主義の人ほど失敗への不安が強くなり、緊張する傾向があります。

◇自分に自信が持てない人
成功するイメージが出来ず、失敗する自分ばかり想像し緊張してしまいます。その体験がさらに自分への自信をなくす要因となり、緊張しやすい性格になっていきます。
■緊張しすぎに備える方法

【Point 1】周囲を客観的に見る
緊張していると、「自分はどう思われているか」「こう言ったら評価が下がるかもしれない」など、自分の気持ちに意識を集中してしまいます。そんな時は、面接官に意識を向けましょう。例えば、「この人は何歳くらいかな」「コーディネートがおしゃれだな」など考えます。周囲を客観的に見るようにすれば、自分の緊張する気持ちへの意識が和らぎます。

【Point 2】失敗してもいいと思う
「失敗したくない」という気持ちが強いほど、緊張してします。しかし、人間誰しも失敗はする生き物と考え、ある程度の失敗は予想範囲内と捉えると良いでしょう。
また、緊張して失敗するということは、志望度が高いと見られ好印象を与える可能性もあります。面接官から「緊張していますか」と聞かれたら、「御社が第一志望なので、緊張しております。」と伝えると好印象です。

【Point 3】伝えたいことは要点を覚える
志望動機や自己PRなどを丸暗記したけれど、緊張で1箇所間違えてから頭が真っ白になったという話はよくあります。志望動機では、「ブランドのテイストが好きなこと、接客を実際受けて志望度が高まったこと」など、各項目の要点だけであれば覚えやすく応用が効きます。面接前に、メモに要点を箇条書きにまとめて覚えると良いでしょう。


■最後に
いかがでしたでしょうか。緊張することは悪いことではなく、ごく一般的なことです。今回ご紹介した面接で緊張し過ぎない為の方法を活用し、伝えたいことをしっかり伝えられる面接にしていただければと思います。


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする