ニュース | 3月19日

なぜ韓国ファッションが人気なの?その理由を徹底解説!

「韓国ファッション」に興味をお持ちの方は多いのではないでしょうか。現在、日本の若者を中心に韓国カルチャーに注目が集まっています。SNSでは、韓国に注目したアイテムや文化を発信されていることが多く、目にする機会も多いはず。各国では様々なファッション文化がありますが、なぜ韓国に人気が集まっているのか気になりますよね。

そこで、今回は「韓国ファッション」がなぜ人気なのかを解説します。
韓国ファッションの歴史

日本を含め、アジアの若者を中心に流行している韓国ファッションですが、その歴史は戦後に遡ります。国内の需要を満たすため、繊維産業が発展。60年~70年代では、ポセ(保税)制度を利用した安い人件費を武器に輸出による外資獲得により大きな成功を収めました。

韓国が繊維産業輸出の主軸に!
外国から材料を輸入 → 国内(人件費が安いため)で生産し、製品化 → 海外輸出

※ポセ(保税);材料を輸入するときに本来かかる関税を一時的に保留にしておく制度。製品となって輸出される際に関税をかけること。

流行の中心となっているのが、ソウルにある東大門。東大門付近に密集するファッションビルや店などを総称した東大門市場は韓国ファッションの地であり、国内外のバイヤーも多く足を踏み入れています。そのため、韓国ファッションの多くは東大門にルーツを持っていると言えるでしょう。

メーカーが資金繰りに行き詰まると輸出を待たずして、ブランドタグが付く前の商品が「ポセ」として国内に流通するようになったため「ポセ(保税)制度」がなくなっても名前だけが残るようになりました。このことから、主に韓国では「ノーブランド」商品が「ポセ」と呼ばれています。
人気の理由とは!?

日本でも着物などの様々なファッション文化があるように、国境を越えたファッションの文化には地域それぞれの魅力があります。しかし、なぜ韓国なのか。大きな要因として考えられるのは第三次韓流ブーム。第一次の「冬のソナタ」からはじまり、第二次は、「東方神起」や「BIGBANG」。そして第三次では、「BTS」や「TWICE」などのK-POP音楽や韓流ドラマを主に流行しています。K-POPアイドルの洗練されたメイクやファッションに憧れを持つ若者が増加、さらに日本と韓国は近いため、音楽のみならず食や文化などのカルチャー全体に影響を与えています。

さて、本題の韓国ファッションの人気の理由は…!

・日本にはない色や優れたデザイン性
・お手頃価格
・ECサイトの豊富な着用画像/毎日のように行われる割引

韓国ファッションを扱うサイトは小規模が多く、経営者自らがモデルになっているケースが多いです。優しい色合いや日本ではなかなか手に入らない種類豊富なデザインがおしゃれさんの心を掴んでいるのでしょう。さらに、ノーブランド(ポセ)商品が元となっているため、安価なものが多く学生でも手が届きやすいのも魅力の一つです。ゆったりとしたシルエットが人気の日本に比べて、ヘルシーな肌見せやタイトなシルエットが多い韓国ファッションは女性の美への心を奮い立たせてくれるのではないでしょうか。

ECサイトを覗いてみると…

韓国のECサイトは、ほとんどの商品に着用画像があり、バシッときめたモデル画像よりカメラで日常シーンを撮影したような自然な着画が多く掲載されているため、シーンに合わせたイメージがよりわきやすいです。また、日本ではシーズン毎や企画として行われる割引が特別さを感じさせ魅力ですが、韓国のECサイトでは割引を頻繁に行い、商品を欲しいタイミングにセール価格で手に入れやすいという日本とは別の魅力もあります。セールアイテムは日替わりやサイトによっても異なりますが、割引を頻繁に行っていればサイトもつい確認しにいっちゃいますよね!気に入った服が欲しい時に欲しい価格で手に入ることもポイントのようです。
もっとファッションを楽しんで

現在は、メイクや洋服のみならず、インテリアやアプリなども韓国の流行を見受けられ、女性のみならず男性にも人気となっています。身近な国とはいえ、海外のカルチャーという特別感がより一層若者を惹きつけているように感じます。この記事を読んで、今後も韓国ファッションをもっと楽しんでいただけたらと思います。

韓国で仕入れたアパレル商材を扱う求人はこちら
韓国コスメ求人はこちら


● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする