TWCトピックス

ファッション業界の最新ニュースから転職のお役立ち情報、アパレルで働くための基礎知識やファッションネタなどをTWCが発信します。

TWCについて

TWCは国内外のアパレル・コスメの求人を集めたファッション業界で活躍する人を応援する求人・転職情報サイトです。

服のサイズ表記方法、ご存知ですか?

2015.06.28

服のサイズは、S・M・Lのほか9号・11号といった表記法が日本にはあります。SやMがそれぞれ何号に該当するのかご存知ですか?また輸入衣料では1.2.3…という表記をしています。同じサイズでも生産国や各ブランドによって微妙にサイズが違う、という経験もしたことがあるかもしれませんね。
今回は「服のサイズ表記」についてまとめてみました。
 

服のサイズはヌード寸法
まずは基本的な知識のおさらいから。服に記されたサイズは、服の寸法ではなく「それを着る人の体のサイズ」です。一般的にはこれを「ヌード寸法」と言います。

ヌード寸法の採寸のしかたは、一般的には次のようになっています(レディースの場合)

・バスト・・・胸の一番高い位置を、メジャーをできるだけ水平に巻いてはかる
・ウエスト・・・最もくびれた部分を水平にはかる
・ヒップ・・・腰の最もふくらんだ部分を水平にはかる
・肩巾(かたひれ)・・・片方の肩の先端から、首のつけねを経由して反対側の肩の先端までを弓なりにはかる
・背丈・・・首のつけね(タグがあたるあたり)からウエストまでをはかる
・袖丈・・・腕を自然に曲げて肩先からひじを経由して手首までをはかる
・スカート丈・・・ウエストより指2本幅ほど下げたあたり(ベルト下)から裾までを、体の前ではかる

JISサイズについて
JIS(日本工業規格)とは日本の国家規格です。服のサイズについては成人男性用、成人女子用、少年用、少女用など、用途ごとに規定されています。
そしてJISサイズは日本人の平均体格の変化に応じて時々改正が行われます。また、平成8年には体型区分表示でそれまでA・Y・BだったものがA・Y・AB・Bに改められるなど、表示法そのものが改正されることもあります。

S・M・Lと号数の対比
婦人服のJISサイズはS・M・Lといったおおまかな表示のほかに9号、11号など奇数番で表示されるのが一般的です。

9ARとは?
日本で最も一般的なサイズ・体型が「9AR」だといわれています。9号サイズでA体型(標準体型)、Rは身長のRegular(普通=女性の場合158センチくらい)の組み合わせです。
なお、体型については
A体型=標準体型
Y体型=A体型よりヒップが4cm小さい
AB体型=A体型よりヒップが4cm大きい
B体型=A体型よりヒップが8cm大きい
となっています。

身長については、
R=Regular(標準)158cm
P=Petite(やや小柄)150cm
PP=PetitePetite(かなり小柄)142cm
T=Tall(長身)166cm
となっています。

体型と身長を3つの数値で示し、これらを組み合わせることで、自分にジャストフィットする服が選びやすいというメリットがあります。

各国の表記比較
サイズの表記法は国によっても大きな違いがあります。日本の号数と、各国のサイズ表記を比べてみましょう。

7号・・・およそSサイズに相当。(B80-82W60-62H86-88)・・・アメリカ4フランス36イタリア37
9号・・・およそMサイズに相当。(B83-85W63-64H89-91)・・・アメリカ6フランス38イタリア40
11号・・・およそLサイズに相当。(B86-87W65-67H92-94)・・・アメリカ8フランス40イタリア42
13号・・・およそLLサイズに相当。(88-90W68-69H95-96)・・・アメリカ10フランス42イタリア44

ただし、その国で売られている服でも、これらの表記とは異なる表記法が採用されている場合があります。またブランドやメーカーによってもサイズの表記にはかなりの違いがあるので、通販で海外の服を取り寄せたり、輸入古着を購入したりする際は要注意です。




TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。

■ TWC転職支援
希望のお仕事から、履歴書の書き方・面接対策など、採用までをキャリアパートナーがサポートします。
> 転職支援サービスを受ける(無料)

■ TWCスカウトメール
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
> スカウトサービスを受ける(無料)

関連のある記事

記事一覧