TWCトピックス

ファッション業界の最新ニュースから転職のお役立ち情報、アパレルで働くための基礎知識やファッションネタなどをTWCが発信します。

TWCについて

TWCは国内外のアパレル・コスメの求人を集めたファッション業界で活躍する人を応援する求人・転職情報サイトです。

オンラインにも◎アパレル企業の面接、メイクはどうする?

2020.06.10

緊急事態宣言解除に伴い、各企業が採用活動をスタートしてきています。
今回は、アパレル業界の面接時のメイクについてのお話。オンライン面接が増えてきていますが、最終面接などで対面での面接を行う企業もあります。どちらの場合でも使えるメイクポイントをご紹介します。
 

■まずは、ブランドのイメージを知ること!
ブランドのイメージに合う・合わないは、採用の判断基準の一つ。面接時の服装だけではなく、メイクも重要な要素の一つです。
実際に店頭に足を運んで、働くスタッフの人を観察してみましょう。どんな印象なのかを見てみて、参考にしてみることがおすすめです。

例を挙げるとすると、ナチュラル系のブランドの場合は、ナチュラルメイクが◎派手目なメイクは避けましょう。
トレンドを意識したセレクトショップであれば、お店のコンセプトによりますがトレンドのカラーをさり気なく加えたメイクもありですね。
ラグジュアリーブランドであれば、客層も幅広くなり、より信頼感が大事になります。髪色も暗めがベター。派手すぎず、地味にならないメイクが◎


■清潔感は絶対条件
基本的に共通して言えることは、清潔感。接客業なので、第一印象となる見た目はとても大事です。
お手入れしていない髪や傷んだ髪はNG。根本が伸びてしまったプリン状態の場合はカラーリングを。当日のみならず、事前にトリートメントなどケアしておく方がいいですね。特に対面での面接の場合は目立つので注意が必要です。
メイクのポイントはブランドによって様々ですが、共通して厚塗りファンデは避けた方がいいでしょう。特に夏場は崩れの原因にもなります。クマやニキビなど気になるポイントはコンシーラーで隠しましょう。


■リップ、アイシャドウ、チーク…どれかに色味を加えましょう
色味がないと地味な印象になってしまいます。どこかに色味が入ると明るさが出て印象もグッと変わります。
リップが苦手な人は、チークで色味をプラスしたり、リップをつけるならチークは薄めになど、足し算引き算をしながらどこかに色を加えてみましょう。ただし、付けすぎには注意。
オンライン面接の場合は、肉眼で見る場合とカメラ越しの写りは異なるので、事前にカメラ写りを確認してください。




TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
> TWCの公式サイトで求人をチェックする

■ TWCスカウトメール
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
> スカウトサービスを受ける(無料)

関連のある記事

記事一覧