TWCトピックス

ファッション業界の最新ニュースから転職のお役立ち情報、アパレルで働くための基礎知識やファッションネタなどをTWCが発信します。

TWCについて

TWCは国内外のアパレル・コスメの求人を集めたファッション業界で活躍する人を応援する求人・転職情報サイトです。

「逆質問」のコツとは?アパレル転職の面接で好印象を!

2018.12.25

アパレル業界で転職活動をするとき、採用面接で好印象を与えることは非常に重要です。面接では、面接官が志望者への質問を繰り返しながら進めていく方式が一般的ですが、最後に「何か聞きたいことはありますか?」と確認される場合があり、これを「逆質問」と言います。逆質問ではどのような対応が正しいのか、転職を成功へ導くための理想的な受け答えについてご紹介します。
 

逆質問はしないよりする方が良し
基本的に、逆質問は必須ではありません。ただ、逆質問をすることで、意欲を感じてもらえることは確かです。面接中にこちらから発言できる機会は限られるため、うまく活用すれば「御社で働きたい」という意欲を効果的にアピールできます。消極的な人材だと捉えられないようにするためにも、貴重な機会として積極的に発言したいものです。特に質問したいことがなければ、面接官にその旨を正直に伝え、うまく熱意を伝える場として活用しましょう。
気をつけることとしては、面接の中ですでに解説していることや、調べればすぐに分かることを質問してしまうとかえって悪い印象にもつながりかねません。どんなことでもとりあえず聞けばいいというわけではないため、事前に質問内容を複数用意しておきましょう。


自分の長所をアピールできる質問をする
逆質問で好印象を与えるためには、質問の中で自分の長所をうまくアピールしましょう。

例:「前職では○○というノルマがあり、毎月達成するために○○などの工夫をしていました。御社でノルマがあれば、具体的に教えてください」

このような質問なら、前職での努力やそれによる成果の効果的なアピールになります。同時に、ただ自分の長所を伝えるだけでなく、意欲も伝えることができます。また、実際の仕事風景をイメージするような質問もよいでしょう。

例:「前職では、店舗へお越しくださるお客さまの年齢層が広く、お客さまの年齢や雰囲気に合わせた喜ばれる接客を身につけることができました。○○店では、どのような層のお客さまが多いですか?」

アパレル業界では「お客さまから親しまれる」というスキルが必須。だからこそ、ただ「接客が得意」、「人とかかわることが好き」だけでなく「広い年齢層のお客さまから可愛がってもらえる」というように、プラスアルファの要素をアピールしましょう。


モチベーションの高さをアピールできる質問をする
逆質問は、面接官に「本当に、私たちと一緒に働きたいと考えているな」と、ポジティブな印象を与える絶好の機会です。

例:「入社までにやっておくべきことはありますか?」
例:「中途採用者に期待している点を教えてください」

このように、採用後の活躍のために磨いておくべきスキルにかかわる質問も好印象です。また、採用されてすぐの活躍だけでなく、長期的な目標について伝えることも効果的です。

例:「将来、○○(店長などの役職)として活躍できるよう経験を積みたいと考えているのですが、キャリアプランを教えてください」

このような質問なら「御社で働きたい」という熱い気持ちだけでなく、長い目で経験を重ね、活躍していきたいと考えていることを、効果的に伝えられます。
 

実体験を織り交ぜながら質問をする
アパレル業界での転職では、事前に店舗へ足を運ぶ、製品を購入するなどのリアクションを起こした上で、逆質問に織り交ぜながらアピールするのもいいでしょう。

例:「以前、○○店を利用したとき、明るく雰囲気のいいお店だと感じました。お店作りで意識していることがあれば教えてください」
例:「○○店の店員さんのコーディネートに惹かれ、○○を購入しました。内定をいただいたら、私自身お客さまからお褒めいただける立場を目指したいのですが、接客時の立ち振る舞いについて気をつけるべきことや、意識すべきことはありますか?」

自分の目で見たこと、感じたことを織り交ぜることで、質問内容にも深みが増します。一般企業の転職においては、面接前に必ず職場の様子を見学できるとも限りません。しかしアパレル業界ならお客さんとして店舗を利用すれば自由にリサーチできるため、面接前に足を運んでおきましょう。


「質問はありません」の言い方にも注意
確認したいことがないとき、質問内容が解決したときには面接官に逆質問がないことを伝えてください。ただし、「質問はありません」、「もう大丈夫です」と簡素に伝えるのではなく、プラスアルファの言葉を添えてください。

例:「丁寧にご解説いただいたため不明な点はありません、ありがとうございました。ぜひご縁をいただければと願っております」

このように、感謝を伝え相手が心地よく感じられる言葉を選びましょう。無理に質問をしなくともいい印象を与えられ、転職を成功に導きやすくなります。

今回は、アパレル転職の面接で好印象を与える逆質問のコツについて解説しましたが、いかがでしょうか?ぜひ、ご参考にして頂き、TWCで素敵なアパレルスタッフを目指しましょう!




TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
> TWCの公式サイトで求人をチェックする

■ TWC転職支援
希望のお仕事から、履歴書の書き方・面接対策など、採用までをキャリアパートナーがサポートします。
> 転職支援サービスを受ける(無料)

■ TWCスカウトメール
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
> スカウトサービスを受ける(無料)

関連のある記事

記事一覧