TWCトピックス

ファッション業界の最新ニュースから転職のお役立ち情報、アパレルで働くための基礎知識やファッションネタなどをTWCが発信します。

TWCについて

TWCは国内外のアパレル・コスメの求人を集めたファッション業界で活躍する人を応援する求人・転職情報サイトです。

知ってて損なし!ジュエリーの素材について

2017.11.21

ジュエリー選びの基準のひとつとして、【素材】も重要ですよね。
今回はジュエリーによく使われている素材をご紹介。用途やご自身に合うアイテム選びの参考にしてみてください。
 

・真鍮
別名「黄銅」や「brass(ブラス)」とも呼ばれる、銅と亜鉛の合金です。使えば使うほど表面が酸化して独特の味わいが出てきます。値段もお手頃で手に入れることができます。

・SILVER925(STERLING SILVER925/SV925)
最も広く知られているシルバー。92.5%が銀で、他の7.5%に銅など他の金属が含まれています。
インディアンジュエリーには素材を示すために「SV925」や「STERLING」の刻印があります。

・18K(18金)
素材の成分75%が金、残りの25%を銀や銅などが混ぜられた合金です。日本では古くからハイジュエリー(貴金属・宝石)として愛されている高価な素材。イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの3色が基本カラーです。

・10K(10金)
素材の成分41.7%以上が金、残り58.3%以下が銀や銅などが混ぜられた合金です。18金(K18)に比べるとややライトな金色をしていますので、手軽に楽しめるゴールドアクセサリーとして人気があります。18K同様に、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドのカラー展開。

・プラチナ
希少性の高い金属。永遠に変色しないため、一生もののジュエリーとしてふさわしい素材です。

・ステンレス(ST)
丈夫でキズつきにくい鋼。錆にも強い素材です。

・サージカルステンレス(316L)
ステンレスの中でもアレルギー性のきわめて低い素材。変色しない、肌に優しい、錆びない、傷がつきにくいのも特徴です。




■ぜひ活用しましょう!「TWCスカウトメールサービス」
企業が直接あなたにオファーをするスカウトメール。あなたのご経験や希望条件をもとに、マッチした求人が届くサービスです。Web履歴書を入力すればあとはスカウトメールが届くのを待つだけ!
TWCスカウトとは?

■ぜひ活用しましょう!「TWC転職支援サービス」
転職支援サービスでは志望動機やキャリアビジョンなど、希望企業に合ったポイントをアドバイスさせていただきます。その他にもTWC転職支援サービスはメリットがいっぱい!
TWC転職支援!とは?

■TWC facebook
フォローはこちらから

関連のある記事

記事一覧