TWCトピックス

ファッション業界の最新ニュースから転職のお役立ち情報、アパレルで働くための基礎知識やファッションネタなどをTWCが発信します。

TWCについて

TWCは国内外のアパレル・コスメの求人を集めたファッション業界で活躍する人を応援する求人・転職情報サイトです。

ショップ販売員は接客の時代に

2016.02.19

ネットの普及により、オンラインショップで服を買う人が増加傾向に。
そこで考えられるデメリットとしては、店頭で売り上げが上がらないとうい実態です。

黙っていても勝手に売れていく時代は終わり。
今やショップ店員は、接客をしないといけない時代となっています。

しかし、接客されるのが嫌いなお客様も多い
ネットの普及以外にも、こういった理由で店頭で商品を買わないお客様もいるんです。

ただ、ネットでは伝えきれない魅力が店頭に足を運べばあるのです。
実際に試着ができることはもちろん、販売員との会話で、買い物が楽しくなるなんて経験ありませんか?
ここで問われるのは、販売員の接客力なんです。

売れる販売員の特徴は、
1.押し売りをしない
2.威圧感がない
3.販売員のスタイリングが参考になる・頼りになる
4.的確なアドバイスをくれる
などなど。
関連記事:売れるアパレルショップ店員になるための3つのA!

1.押し売りをしないについて
一時の売り上げを求めるより、長い目で見た売り上げを求めましょう。
良い接客をすれば、その時買い上げにならなくても、また来店してくれるはずです。

2.威圧感がないについて
いかにも接客されそうな空気感はNG
せっかくお店に足を運んでくれたのであれば、店内をくまなく見てもらいたいですよね?
居心地の良い空間作りが大事です。

3.販売員のスタイリングが参考になる・頼りになるについて
やはり販売員はそのショップの顔。
自分自身のセンスも問われるのです。
お客様心理からすると、ファッションに詳しい人に接客される方が説得力もあり、納得がいくもの。
常にファッション業界の動向はチェックし、自身のスタイリングも研究する必要があります。

4.的確なアドバイスをくれるについて
似合う似合わないはきちんと伝えることで、信頼できるかできないかが決まります。
試着した服が似合わなかった場合、はっきりと伝えた上で、お客様に合ったアイテムを代わりに提案してみるなど工夫が必要です。
関連記事:マネしたい!売れるアパレル店員のトーク術!


わざわざお店に来てくれたお客様に、最高のサービスを提供するのが販売員の仕事のひとつ。
お金を払って商品を買うのは、ネットでもできることです。
付加価値として、販売員の接客力があるのではないかと思います。


ショップ販売の求人はこちら



■ぜひ活用しましょう!「TWC転職支援サービス」
転職支援サービスでは志望動機やキャリアビジョンなど、希望企業に合ったポイントをアドバイスさせていただきます。その他にもTWC転職支援サービスはメリットがいっぱい!
TWC転職支援!とは?

■東京ワークスコレクション facebook
フォローはこちらから

関連のある記事

記事一覧