TWCトピックス

ファッション業界の最新ニュースから転職のお役立ち情報、アパレルで働くための基礎知識やファッションネタなどをTWCが発信します。

TWCについて

TWCは国内外のアパレル・コスメの求人を集めたファッション業界で活躍する人を応援する求人・転職情報サイトです。

ビューティーアドバイザーの雇用形態

2015.11.10

ビューティーアドバイザーの雇用形態として大きく2つに分けられます。一つは「特定の化粧品メーカーに就職する」場合と二つ目は「百貨店や駅ビル、ドラッグストアのような特定の店舗に就職する」場合です。

化粧品メーカーに就職
特定の化粧品メーカー(資生堂やコーセー、カネボウなど)に就職するケースは最近ではあまりなく、資生堂が11年ぶりに2016年4月入社組から正社員でビューティーアドバイザーを採用することを発表したばかりです。

化粧品メーカーに採用された場合、そのメーカーの商品を取り扱うスペシャリストとして、売り場に派遣されて店頭に立って販売に携わることになります。
正社員のメリットとして特定の化粧品メーカーのPRをすればいいので、自社製品の知識やメイクのテクニックに磨きをかければいいので大きく変える必要がないのは大きなメリットとなります。

特定の店舗に就職
多くの場合は後者の百貨店やドラッグストアなど特定の店舗に就職するケースが多いのが現状です。

これは「化粧品売り場の担当」という立場なので化粧品メーカーが変わることもありますし、さまざまなメーカーを平等に販売することになります。

扱う商品は化粧品メーカーに就職する場合と違い、一社のメーカーに限らないのでブランドごとのコンセプトやメイクの方法を覚えないといけません。
メリットとしては一つのメーカーに固執する必要がないので、さまざまな種類の化粧品の中からおすすめできる、という楽しさがあります。

ビューティーアドバイザーの平均年齢
実情として、あまりにも若すぎると接客の際に影響するので、化粧映えする結婚適齢期を少し過ぎたぐらいの年齢層である20代後半から30代半ばぐらいになるようです。

一番多い年齢層としては26〜28歳が多いようです。

正社員・契約社員・派遣・アルバイト
化粧品メーカーに採用される場合も、特定の店舗に採用される場合も雇用形態はさまざまなようです。
やはり正社員の人数は少なく、契約社員、派遣社員、アルバイトと多くなっていくようです。

最初から正社員として雇用されるのは狭き門だと言われていますが、契約社員やアルバイトから正社員になる場合も少なくないので、いずれ化粧品メーカーや店舗での正社員を目指す方は、売上げに大きく貢献するなどの実績を残すことが大事なようです。


コスメ・ビューティーアドバイザーの求人はこちら


TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
> TWCの公式サイトで求人をチェックする

■ TWCスカウトメール
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
> スカウトサービスを受ける(無料)

関連のある記事

記事一覧