TWCトピックス

ファッション業界の最新ニュースから転職のお役立ち情報、アパレルで働くための基礎知識やファッションネタなどをTWCが発信します。

TWCについて

TWCは国内外のアパレル・コスメの求人を集めたファッション業界で活躍する人を応援する求人・転職情報サイトです。

アパレル業界のプレスという仕事

2015.07.10

アパレル業界に身を置いていると「プレス」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

ブランドの新作発表や報道機関への対応時など、さまざまな場所でプレスという言葉を聞くことがあります。
「プレス」とはいったいなんなのか、分かりやすくご紹介します。

プレスとは
アパレルメーカーで自社のブランドイメージを対外的にPRするのが役割です。雑誌などの媒体広告・カタログ作成、ファッションショー・展示会などのバイヤー向けオーダー促進イベントの企画、顧客への販売促進計画(ノベルティ企画など)、さらにスタイリストを通じてTV・雑誌・芸能界へ商品を貸し出してメディアへ露出し、ブランドイメージ戦略を展開します。

商品をPRするためには、服の構造やデザイン、コーディネート、ファッション史に関する理解も必要となります。もちろんマーケティングや営業の知識も身につけておくことが必要です。

プレスに向いている人
1.統率力がある
プレスはテレビや雑誌といったマスコミへの対応や、展示会やファッションショーの運営など、多くの人と接することが多いため、人をまとめるのが上手な人ほど向いているでしょう。また、ブランドの顔として表にたつ職種のため、マナーや身だしなみにも注意が必要です。

2.プレゼン能力がある
ブランドのイメージやコンセプトに沿った露出ができるかが大切になってきます。間違ったイメージで紹介されてしまって逆効果になってしまうため、簡潔に、的確な説明ができるプレゼン能力が問われます。

3.発想力・行動力がある
お金をかければ誰でもある程度のPRを行うことはできます。プレスはいかにコストを低くおさえ、露出することができるかが重要になってきます。新作発表時にマスコミやメディアに送るプレスリリースひとつにしても目に止まる工夫をしたり、注目されるようなアイディアを出せるかなど発想力が必要になってきます。
また、人脈作りもとても大切です。足を運び、影響力のある人と繋がり、自社をアピールする機会を作れるかがとても重要になってきます。

プレスになるには
プレスになるには代表的な4つのルートがあります。

1.販売員や営業、商品企画から昇格
まずは会社の中に入り、そこから昇格をしていくルートです。入ったあとはプレスの人との繋がりを持つことや、上司などにプレスに行きたいことを伝えておくことが重要です。

2.別業界のPR職から転職
PRは専門性のとても高い仕事なので、経験者は高く評価されます。他業種の場合であったとしてもPRに関しては活かせることも多くあるので、まずはどんな業界でもPR職に就く、というのも一つの手です。

3.ファッション雑誌から転職
別業界のPR職からの転職と同じように多いのが、ファッション雑誌の編集者やライターからのプレスへの転職です。このルートはアパレル業界に精通しているということ、業界の中で人脈を築いていることがPRとしてとても大きな魅力となります。

プレスはアパレル業界でも競争率の高い職種です。それだけ魅力があり、やりがいのある仕事であることは間違いないですので、プレスを目指すと決めたら脇目も振らずにまっすぐ進んでいく覚悟は忘れずに。

プレスの求人はこちら




■ぜひ活用しましょう!「TWC転職支援サービス」
転職支援サービスでは志望動機やキャリアビジョンなど、希望企業に合ったポイントをアドバイスさせていただきます。その他にもTWC転職支援サービスはメリットがいっぱい!
TWC転職支援!とは?

■東京ワークスコレクション facebook
フォローはこちらから

関連のある記事

記事一覧