転職ノウハウ | 15年4月27日

アパレル業界契約社員・派遣社員で働くメリット

アパレル業界で働くには、正社員のほかに契約社員や派遣社員という働き方もあります。
パートやアルバイトともまたちがう、それぞれの働き方の違いについて知っておきましょう。”働くなら正社員!”と決めている人もいるかもしれませんが、それ以外の働き方にも意外なメリットがあるかもしれません。
契約社員は有期雇用
「契約社員」という言葉は耳にしたことがあっても、どういう契約で働くのかを知らない人も多いかもしれません。
契約社員とは、雇用期間に定めがある社員のことです。身分は正社員に準じますが、正社員が雇用期間に定めがない(特に自主的に退職したり、解雇されたりということがない限り定年まで働ける)のに対し、契約社員は3年、5年など一定の期間を雇用時の契約に定めて働くことになります。また、契約満了時には契約が更新される可能性もあります。
どうしても働きたい会社があるが正社員は募集していない…というような場合、まずは契約社員として入社し、実力を発揮して正社員登用のチャンスを狙うというのもいいかもしれません。
派遣会社に雇用される派遣社員
派遣社員とは、派遣会社に登録または雇用され、他の会社に派遣されるという働き方です。雇用契約は派遣会社と結ぶことになるので、給料、厚生年金や健康保険、福利厚生などは派遣会社の規定が適用されます。

派遣社員として働くメリットは、「働き先を派遣会社が探してくれる」「自分の希望する仕事内容や働き方(勤務時間など)が選択できる」といったことなどがあげられます。また「アパレル業界の中で、自分にどんな会社や職種が向いているのかよくわからないから、一定期間ごとに職場を変えていろいろな経験をしてみたい」という人にも向いているかもしれません。派遣社員なら自分で希望する期間だけ働くことができるので、転職しなくてもいろいろな職場が経験しやすいでしょう。
「結婚して妊娠するまではアパレル業界でバリバリ働いていたけれど、現在子育て中で、フルタイムで働くのはちょっと無理。でもせっかくのキャリアを生かして、短時間でもいいから少しずつ働きたい」というような事情を抱えていても、派遣社員なら可能ではないでしょうか。
契約社員・派遣社員に共通するメリット
契約社員と派遣社員に共通するメリットとしては、

・転勤などがないので、家庭の事情で異動ができない人にも働きやすい
・なかなか正社員を採用しない会社にも就業しやすい
・時間の融通がつけやすいのでワーク・ライフ・バランスが取りやすい

…などが挙げられるでしょう。

その他、”正社員として転職するには少しキャリアやスキルが不足しているので、まずは契約社員・派遣社員として働いて腕を磨き、好条件の転職を狙いたい”という理由でこうした働き方を選ぶ人もいるようです。

”アパレル業界で働きたいけれど、仕事が厳しい職場もあるというし、本当に自分に勤まるのかちょっと不安”という人は、まず契約社員や派遣社員としてアパレル業界を経験してみるのもいいかもしれません。ただし、その前にアパレル業界に幅広い人脈やノウハウを持つ人材会社や派遣会社などに登録しておくことが重要でしょう。






● TWCはファッション業界の求人・情報サイト
国内外のアパレルブランドやセレクトショップの求人を掲載。その他、転職に役立つコンテンツが揃っています。
● TWCスカウト
あなたのご経歴や希望を元に、アパレル企業からあなたにオファーメールが届きます。
LINEで送る
ツイートする
Facebookでシェアする